家具のお手入れ :

お手入れ方法
普段のお手入れは、水で濡らし、よく絞った柔らかい布で拭いてください。
汚れのひどい場合は水に中性洗剤を薄め、布を浸ってよく絞って拭き、その後すばやくきれいな布で残った洗剤を拭き取ってください。シンナー類の使用は避けてください。

オイルの塗り方
@ オイル(市販されている家具用の植物性オイル。もしくは、荏油、亜麻仁油、桐油、クルミ油等)と塗布用、拭き取り用の柔らかい布を用意します。
A 塗布用の布にオイルを浸け木製品に塗布します。
B 塗ったオイルを完全に拭き取るくらいに拭き上げます。※拭き残しがあると、ザラつきや汚れの原因になります。
C 1日静置し乾かします。※使った布は水でよく濡らしてから捨ててください。布に含んだオイルが乾燥する際に発熱して自然発火する恐れがあります。

無垢材、植物性オイル仕上げの家具について
同じ樹種、同じデザインの家具でも木目、色味等の差異があります。
購入直後の家具において、塗装したオイルの臭いが残っていることがありますが時間がたつにつれなくなります。
年数が経つとオイル塗装の効果が弱まり、色褪せすることがありますので、植物性オイルを塗りメンテナンスして下さい。

使用上の注意とお願い
+ 水等の液体物、食べ物等をこぼし、長時間放置しておくとシミ等の品質劣化の原因となりますので、その際は直ちに拭き取って下さい。
+ 木製品の上に長期間ものを置いたままにしておくと、日焼け跡の原因になります。
+ 器やお盆等は水洗いすることが出来ます。洗浄後、柔らかい布で水気を拭き取り自然乾燥させてください。
+ 食洗機、食器乾燥機の使用は木製品の著しい劣化、破損の原因となりますのでおやめ下さい。
+ 室内の床面の平らな場所に平に設置してください。床の不安定な場所に設置した場合、家具の転倒、不良の原因となります。
+ 直射日光のあたる場所やエアコン、ストーブ等の風のあたる場所、冷暖房器具の近くには置かないでください。木製品の反り、割れの原因となります。
+ 高湿度の空気が長時間室内にあるとカビやダニの発生の原因になります。出来るだけ通気のいい室内に設置し、湿度の高い空気がこもらないようにして下さい。
+ 扉、棚、引出しに乗ったり、ぶら下がったりと過度な荷重をかけないで下さい。
+ ガラスを使用しているものについては、ガラスが割れないよう注意して設置、使用して下さい。
+ テーブルに腰を掛けたり、乗り上がったりしないで下さい。
+ 椅子、スツールを踏み台代わりにしないで下さい。又、使用中に傾けないで下さい。製品の破損、転倒による怪我の原因になります。
+ 丁番等の可動部の金具は長期間の使用で摩耗し動きが悪くなることがあります。より長い年月、不具合なく使用していただくために、定期的に潤滑油を可動部に給油すようお願い致します。

MASAYOSHIODA

MASAYOSHIODA
HANDMADE FURNITURE
since 2012